広告

REIT市場や新興市場が大暴落だがこれが本来の日本株の実力。だいぶ安いが少しずつ買うのが正解

マネー論

REIT市場や新興市場も、コロナショックにより暴落しています。

東証REIT指数や新興市場は、日銀によるETFの買い支えが極端に少ないため、断崖絶壁の阿鼻叫喚の様相を呈しています。

そもそもTOPIXや日経平均は日銀の介入によって意図的に捻じ曲げられており、本来の実態経済と乖離した値が計算されるようになっています。

イノベーションを起こすパワーもない肥え太った大企業ばかりがその恩恵を受け、末端に血液が行きわたらない状態が今の日本株なのです。

介入により嘘の株価を提示したところで、実体経済はREIT市場や新興市場の方がよく表しているといっていいでしょう。

さて、十分に暴落したと思われるこれらの市場ですが、今買うのはありなのでしょうか?

答えは「少しずつ買う」が正解です。

既に全世界の株は割安になっており、今から全力買いをしても十分に良い買い物はできると胸を張って言い張れる日が来ると思います。

しかし、コロナウイルスの影響はどこまで長引くのか現時点でまだわかりません。

株価というのは全く合理的な値動きはしません。「感情」によって大きく左右されます。

そのため、まだまだ投資家心理によっては下がる可能性も残されています。

実際、リーマンショック時は半年かけて底にたどり着きました。

今が底だと安易に判断するよりも、二番底、三番底があるとにらみ、しかし十分に割安な現状も踏まえ、本来の底値で資金ショートによる取り逃しをしないよう、少しずつ少しずつ資金を投入していくのが正解と言えます。

そのときは、暴落している市場に投入するのが正解であり、日銀の介入が著しい嘘偽りのTOPIXや日経平均に投資をしていると回復局面で思ったより上がらないという悲しい思いをすることになりますので、投資先の市場はバレバレの介入を繰り返す不正な市場ではなく健全な市場を選択するようにしましょう。

ポイントサイトも立派な副業です。お小遣い稼ぎにオススメ。

累積会員数400万以上、運営歴10年以上の最も稼げるポイントサイト「モッピー」
モッピー!お金がたまるポイントサイト

マネー論
広告
NellPointをフォローする
広告
ネルの寝て待つ投資日和
タイトルとURLをコピーしました