広告

仮想通貨はデジタルゴールドなどではない。現状ただのギャンブラーの遊び道具

マネー論

デジタルゴールドとも揶揄されていた仮想通貨にゴールドとしての価値がないということが明らかになりました。

仮想通貨のその目的や特性を考えれば有事の際にこそ金と同じような値動きを期待できそうなものですが、実際にはレバレッジをかけた株式のような乱高下のチャートを描いています。

これはつまり、本来の目的ではない短期投資、投機目的の投機しか行われていないということを意味しており、このような暴落局面で株と一緒に下落し、上昇局面ではバブルかのような暴騰を繰り返しているのは結局、この仮想通貨に”信頼”というものがおかれていない裏付けなのです。

仮想通貨の各国の経済事情に左右されないという”理念”は有事の際には吹き飛び

キャッシュのような各国の経済力に裏打ちされた”信用”こそが大事な局面になってしまったといえるでしょう。

いくらブロックチェーン技術により安全性が保障されていたとしても、それを使う人間たちの「共通認識」として、それらが「価値のあるもの」と認識されていない限り、それは単なるプログラムなのです。

それは紙幣も金も同じです。「価値のあるもの」として認識されない限りそれはただの紙や金属です。

しかし、紙幣(ドルや円)や金には圧倒的大勢が「価値のあるもの」として認識する共通認識の土台があります。

価値の裏付けとして、物質そのものの普遍性、発行する大国の経済力などがあり、それが土台の支えになっています。

ところが仮想通貨はそのような価値の裏付け、共通認識がありません。

確かに技術としては素晴らしいものがあるのでしょう。

しかし結局のところ、未だに大多数に価値のあるものとして認識されてはおらず、単なるギャンブル目的の遊び道具として利用されているのが仮想通貨の現状なのだ。

ポイントサイトも立派な副業です。お小遣い稼ぎにオススメ。

累積会員数400万以上、運営歴10年以上の最も稼げるポイントサイト「モッピー」
モッピー!お金がたまるポイントサイト

マネー論
広告
NellPointをフォローする
広告
ネルの寝て待つ投資日和
タイトルとURLをコピーしました