広告

コロナ暴落こそ買い場到来。コロナが収束した暁に株価は見たこともない次元に到達する

投資

コロナ対策と言いながら各種イベントを自粛させる一方、諸悪の根源である満員電車は放置という本末転倒な自体を引き起こしています。

今回の武漢ウイルス・コロナ暴落はコロナの収束の目途が立たない限り経済活動の低迷、株価回復はありません。

いくら政府が量的緩和を行い、金融政策を行ったところで、投資家たちの懸念はそこではなく、また市場は合理的ではなく「感情」任せの不安定な市場であることから、株価の回復はまだまだ先と言えるでしょう。

しかしながら、ウイルスによって資本主義経済という概念が破壊されつくしたわけではありません。

治療薬が開発される目途がたち、またはこのウイルスが一定の割合で落ち着いてきたら、この異常な下落暴落を繰り返した市場が圧倒的な割安であることに投資家たちが気づき、正気を取り戻したとき、株価は類まれをみる急上昇を繰り返し最高値を更新することでしょう。

つまり、パニックに陥っていない才能ある投資家たちは今この現状こそが最高の買い場であることを承知しているはずで、愚かな一般投資家によって市場がパニックに陥り機能不全になっている今こそ大量に買い込むことができる投資家こそが資産を伸ばせるのです。

投資の世界は平等に開かれています。しかし得てして世界の大金持ちとはそういった嗅覚に優れているものであり、その他大勢多数の雑魚投資家と真逆の行動をとるからこそ一部の大金持ちになれるわけです。

この大型コロナ暴落を利用できるかどうかが、今後10年で大きく資産を増やすことができるかどうかの分かれ目になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました