広告

「緊急事態宣言」が出ても休業補償が不十分でコロナまみれ労働が止まらず収束は絶望的か

労働・転職

緊急事態宣言が日本でなされました。

しかし、緊急事態宣言によって何が変わるのかというと何も変わりません。

今まで出していた、自粛要請以上のことは何もできないのが実態です。

つまり、今までと何も変わりません。

休業も相次ぐ中、保証はショボい内容の対象を制限しまくったまともな人間には保証されない薄い内容が繰り返されるのみ。

相変わらずの「補償なき緊急事態宣言」では皆働きに出ざるを得ません。

実質賃金が低下し続ける一方、税金や保険料はあがり続けており、休業補償がなければ預貯金や蓄えがすぐに底をつくワーキングプア世帯が大幅に拡大されているのです。

つまり、いくら外出するなと政府が叫び続けたとしても、政策の不備によって増え続けたワーキングプア世帯は問題無用で働きに出るでしょう。

そうしなければ暮らしていけないからです。

緊急事態宣言が出されたとしても外出しなければ生活が破綻する労働者は大勢おり、そのような人たちが存在する限り日本でコロナは拡大し続けます。

コロナが収束しない限り日本の実質経済がよくなることはなく、実質経済がよくならなければ株価も上がることはありません。

コロナ対応に失敗しまくっている日本の株価の将来はかなり怪しいといえます。

投資をするならしっかりとコロナ対応に成功している国に投資をしましょう。

転職に挑戦するのはいつでも無料だし、何度でもできます

メーカーへの転職を考えているならDODAの転職エージェント

労働・転職
広告
NellPointをフォローする
広告
ネルの寝て待つ投資日和
タイトルとURLをコピーしました