広告

不動産は確実な家賃収入があるから安心か?コロナで未払いが起きればそうともいえない

投資

投資と聞いて、一昔前の日本人が思い浮かべるのは不動産投資です。

バブル時代には山手線沿線の土地だけでアメリカ全土が買えるほど土地の価格は高騰し、昔の人間ほど不動産に対する信仰心が強く、また投資といえば不動産ということで投資をやる知識がある人間はだいたいマンションやアパートの経営をしている。

しかし、実際に不動産経営をするというのは投資からはかなりかけ離れた行いです。

借入リスク、空き家リスク、災害リスク、補修リスク、訴訟リスクなどなど、物件を買ったら放置でお金を稼いできてくれるわけでもなく、様々なメンテや入居者や業者との調整の手間など、もはや事業経営しているのと何も変わりません。

つまり、不動産経営とは労働なのです。

始めるのに莫大な資金が必要で大きなリスクを背負い、得られるのは不労所得とは程遠い労働収入が実態です。

しかも、今回のコロナショックではそのリスクの一つが浮き彫りになりました。

すなわち、未払いリスク、災害リスクです。

コロナによって経済全体にダメージが入りました。

それでも家賃というものは毎回発生しますから、不動産は安泰だと思うかもしれません。

しかし、家賃を支払うのは現実の人間であり、無から湧き出してくるわけではありません。

家賃を支払う人が支払うお金が得られないような経済ダメージを負ってしまうと、当然家賃の回収は難しくなります。

日本ではまだ顕在化していませんが、アメリカではもう家賃ストライキが起こっています。

不動産は経営するのに莫大な資金を借り入れて行いますから、その借金を返すために家賃支払いは必要です。

しかし、こういったリスクがあり、未払いされる可能性があるということを知っておかなくてはいけません。

そういったあらゆるリスクに対応しなければならない不動産投資というのは割にあわない。

どうしても不動産投資をしたいのであれば、現物ではなくREITをおすすめします。

REITであれば様々なリスクは価格変動リスクぐらいで、他は一切負うことなく、配当金という形で家賃収入だけを得ることができる。

投資=現物不動産というのは古い発想です。

素人が現物投資を行うのはプロの業者のカモにしかなりませんのでやめましょう。

ネット証券の開設なら、以下の証券会社がおすすめです

ネット証券口座開設数・顧客満足数一位のSBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

投資
広告
NellPointをフォローする
広告
ネルの寝て待つ投資日和
タイトルとURLをコピーしました