広告

固定費を節約して固定費で稼ぐ会社に投資する。このサイクルが完成すれば金持ちへ加速する

投資

複利の力とは物凄いもので、たったの毎月一万円の積み立て投資が、年率5%の投資先に投資しているだけで30年で1000万以上になります。

貯金では360万にしかなりませんので、貯金よりもはるかにリターンが優れていることがわかるでしょう。

複利は時間を味方にするため、より初期に元金を多く投入できればより大きいリターンも期待できますが、投資元金がない人でも、毎月一万円を捻出するだけで将来的に大きな富を手にすることができるのです。

この計算はリーマンショックの時期などを含めた計算なので、途中で暴落に見舞われたとしてもこの期待リターンが得られるということです。

しかし、投資をすることができない多数の人たちは、決まって捻出する一万円すらないと言います。

それは固定費がかさんでいるからで、しかもその固定費は節約しようと思えば節約できる固定費です。

携帯に月万単位で払っていたり、使ってもいない月額サービスをダラダラと払い続けていたりと、無駄な出費が多すぎるのです。

彼らもそういったところにお金が流れていることは知っているものの、解約するのが面倒だなどという理由で無駄に出費を垂れ流し、投資機会を逸し続けています。

固定費というのは最も削りやすい支出でありますが、そこに気づくまでが遅いと永遠に固定費徴収型の企業に養分として搾り取られることになります。

裏を返せば、そういった固定費を徴収する形態の会社というのは養分を大量に飼っているため、非常に安定したフローが生まれ、結果として株主になるには最適の会社といえます。

自分は固定費を節約し、その分で浮いたお金を固定費で稼ぐ企業に投資する。

このサイクルを作り出すことができれば、あなたも金持ちサイクルの輪を回し始めることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました