広告

「ニューノーマル」の世界が始まり、儲かる業界は激変する。しかし堅実な投資家には影響はない

投資

世界ではコロナ終息を待たずに「ニューノーマル」という考え方の元、経済活動を再開する動きが広がっています。

ソーシャルディスタンスの徹底、マスク着用の義務化、人数制限、消毒の義務化など、社会が変革しているといっていいでしょう。

このような環境下では、航空業界やテーマパーク業界は、今までのような収益をあげることは難しくなることは必然です。

一方、接触を避ける社会インフラを維持するITインフラや生活必需品と化したマスク、及びウイルスに対抗する製薬会社などは今まで以上の収益を上げることが可能になるでしょう。

コロナウイルスのワクチンが開発されるのは早くても来年という見方が強く

それまでにこの「ニューノーマル」という考え方は生活に定着すると思われます。

世界中の人たちが免疫を獲得するのに数十年はかかりそうですし、この新時代の生活様式は我々の投資環境も激変させる恐れがあります。

しかし、世界の指数や米国の指数に投資している限り、そういった銘柄選択といった悩みからは一切解放されます。

ただ淡々と米国や世界の指数に対し投資を続けるだけで、勝手に儲かる業界に投資を続けてくれ、効率的な投資を継続することができるのです。

タイトルとURLをコピーしました