広告

お金至上主義の世界で、簡単にお金を稼ぐ方法とは

投資

資本主義経済とは言い換えれば「お金至上主義」ということです。

お金を持っているヤツが強い、お金を持っているヤツが偉いという世界です。

しかしそれではお金を持っていない人に不満が溜まるので、ある程度お気持ち程度の施しがお金持ちからなされます。

これが「社会保障」であり「福祉」です。

つまり、この世界の仕組みがそのままな以上、我々がこの世界で幸せに生きるにはお金を稼ぐことが必須なわけです。

ではお金を稼ぐにはどのように稼げばいいのでしょうか?

パッと思いつく辺りは労働で稼ぐことですが、これは資本主義における最底辺の考えです。

労働者となってお金を稼ぐというのは、経営者や株主といった資本主義における上位層の駒となり、彼らの儲けのほんの一部しか譲渡されません。

つまり割に合わないのです。

とはいえ生まれ持ったものがなければ他に手段はありませんから、この方法で大多数の人が稼ぎを得ることになるでしょう。

しかし、特別な素質がなくとも、誰しもが簡単にお金持ちになれる、上位層と同等の力を得ることができる方法が存在します。

それが株式投資です。

全世界の株式を分散して投資し、その株数を少しずつ積み上げていくだけであなたは資本主義経済における上位層と同じ手法、つまり最も効率の良い方法で金を稼ぎ始めることができます。

そもそも株というのはそれ自体に収益を生み出そうとする機能が備わっています。

その機能の元になっているのは、その会社で働く従業員たちの労働力です。

株を持つということは、労働力を提供せずにその会社の利益の分け前を貰えるということになります。

企業が稼げば稼ぐほどその分け前は株主に還元されます。

株主は社員のように働く必要が一切なく、その企業の利益を享受することができるのです。

しかし、世間一般では株というと短期売買における差額で儲けるといった間違った手法ばかりがフォーカスされ、このように少しずつ配当と言った形で儲けられることを知りません。

毎年5%の配当が出る株式であれば10万円を投資すれば配当が5000円は出ます。

5000円あれば1日は過ごせるため、あなたは1日労働から解放されます。

これを365回繰り返せば、あなたは働く必要が一切なくなるでしょう。

「お金至上主義」の世界を生き抜くには、お金を稼ぐシステムのことをよく学び、再現性があり、効率の良い方法を選択することが大切なのです。

タイトルとURLをコピーしました