広告

老後2000万問題から考える今すぐ投資を始めたほうがいい理由

投資

 

金融庁の金融審議会が、老後資金として2000万円が必要とした報告書を撤回したことは記憶に新しいですね。報告書を撤回したということは、金融庁が言っていたことはデタラメだったのでしょうか?

もちろんそんなことはなく、金融庁はしっかりとした計算をした結果2000万円が必要と結論付けています。では、我々は一体どうすればいいのでしょうか?

広告
広告

なぜ2000万必要なのか?

そもそも、なぜ2000万円という数字が飛び出してきたのでしょうか?これは、毎月の収入を年金のみに頼っている65歳以上の夫婦の、平均収入(年金)から平均支出を計算したものから来ており、それによると毎月約5万円の赤字になります。

つまり、年金収入だけでは毎月マイナス5万円、年間でマイナス60万円、老後生活が30年続くと考えてマイナス1800万円。老後2000万円必要というのは的を得ているのです。

もちろん、平均よりも水準の低い暮らしを選択すれば、年金だけで生活も可能かもしれません。

しかし、その年金制度も受給開始年齢が年々引き上げられ、受給額も実質目減りが確実とされ、もはや死に体となっている制度を薄く維持するためだけに高額の税負担を強いられている現状、現役世代が年金を貰えるころには2000万円どころではなくなっている可能性も十分ありえるわけです。

広告

貯蓄から投資(資産形成)へ

結局2000万以上必要だということが分かったところで、急にお金が降ってくるわけではありません。これは自分がどうにかして用意しなければならないわけです。

毎月の少ない給料の中から少しずつ貯金するのも良いでしょう。

しかし、貯金だけでは本当に自分の力だけで貯める必要があり、途方もない労力がかかります。ここで、投資としてお金にも働いてもらうことでこのプロセスを加速させることができます。

実はこの貯蓄から投資へというキーワードは15年以上前からありました。しかし、実際貯蓄から投資にお金が回ったかというと回っていません。

日本では投資という言葉に誤解が生まれており、事業や企業に対しての経済活動にお金を投下する投資と、ただ物の値動きだけを見る投機が一緒くたにされているという事実があります。

結果、投資はギャンブルであるという間違ったイメージが植え付けられてしまっており、一向に投資に資金が振り分けられないわけです。

広告

10年先を見据えるのが投資

投資には宝くじを当てたりするような一発逆転はありません。そのような値動きをする対象はすべて投機です。世界は少しずつ、しかし確実に経済成長しています。

皆さんが当たり前のように使っているスマホも、10年ちょっと前に初めて世の中に登場したのです。

もちろん、年によって波はありますが、こうした世界経済の成長の流れに乗り、10年単位でその恩恵を受けることによって、自力で2000万円を貯めるよりも、もっと賢く貯めることができるはずです。

広告

始めるのは早ければ早いほどいい

投資は時間が重要です。一瞬で利益が出せそうに見えるものはすべからく投機であり、つまりギャンブルと同じです。

そういった物を避け、長い目で見て経済が成長している対象、つまり世界経済に資金を投下することができれば、後はもう始めるのが早ければ早いほどいいのです。

投資対象、つまり世界に投資するということさえ間違えなければ、いつ買うだとか値下がるまで待った方がいいだとか、そのような投機的な発想はするだけ無駄です。

なぜなら、いつ買ったとしても10年後にはほぼ確実に世界は成長しており、当時から比較して成長の恩恵を確実に受け取れているからです。

ネット証券の開設なら、以下の証券会社がおすすめです

ネット証券口座開設数・顧客満足数一位のSBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

投資
広告
NellPointをフォローする
広告
ネルの寝て待つ投資日和
タイトルとURLをコピーしました