広告

楽天証券が個別株ポイント投資を開始したが個別株への投資は不要です

投資

大手証券会社の楽天証券が先月28日にポイント投資を日本個別株も可能になりました。

ポイントで投資できる環境がさらに広がったのはすばらしいと思います。

楽天はサービスの改悪なども目立ちますが、こういったポイントを活用した意欲的な取り組みをしてくれるのはいいですね。

しかし、個別株にポイントを投入できるようになったからといって、個別株を買う必要は一切ありません。

なぜなら、すでに楽天ポイントはポイントを使った投資信託の購入が100円から可能だからです。

広告
広告

日本の個別株しか買うことができない

現在は残念ながら日本の個別株しかポイント利用することはできません。

そして、個別株というものは単一銘柄ですと分散がなされていないので非常にリスクが高いです。

複数銘柄を買い付けてリスク分散するにしても、かなりの金額が必要なのでポイント投資の範疇を大きく上回り、初期投資金額が相応に必要になってしまいます。

さらに分散投資するにしても同じセクターに分散しても意味が薄く、銘柄の管理もこまめに必要なため、個別株投資とは投資に慣れた人の手法といえます。

また、現在日本の銘柄しか買うことはできません。

日本の銘柄というのは30年間日本経済が低迷していたことから読み取れるように、非常にパフォーマンスが低いです。

ごく一部のお宝銘柄を見つけることができなければ、日本株で儲けることは難しいでしょう。

そして、ただの一個人投資家がそういった銘柄を見つけることはほぼ不可能と言っていいです。

リスクが大きく初期金額も必要な個別株を買うよりは、最初からポイント購入の対象となっているインデックス投資信託を買った方がいいです。

投資信託であれば100円という少額から適切な分散がなされた投資が可能であり、リスクが低まります。

しかも大多数の個別株をやっているような投資家よりも成績が良くなるのです。

広告

ポイント投資はこれまで通りインデックス投資信託でOK

米国の個別株がポイントで投資できるのであれば違った面白みもありますが、ポイント投資は現状は米国または全世界を対象にした低コストなインデックス投資信託で十分でしょう。

ポイントという少額からでも手ごろに利用できる100円単位という価格設定、十分に低いコスト、十分に分散された内容かつ海外企業の成長を十分に取り込める。

これ以上の投資商品は今現在存在しないと思われます。

ポイントを使って投資するのは自分の現金を使いませんので、初心者が投資とはどういうものかを学ぶ最初の一歩にもお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました