広告

貯蓄・節約・投資の三段ロケットでお金を増やす。投資は最後の仕上げ

貯蓄・節約・保険

投資はお金持ちがやるものだと思っている方の中には、投資に回す資金がないからそう言っている方もいるでしょう。

しかし、毎月100円からでも投資は可能になっている時代です。

毎月たった100円でいいのであれば、捻出できそうな気がしてきませんか?

しかし、投資はスケールメリットがものを言いますので、投入できる資金が多いほど有利なのは間違いありません。

では、投資資金を確保するためにはどうすればいいのでしょうか?

広告
広告

お金の方程式は「(貯蓄-節約)*投資=資産」で成り立つ

お金を増やすには順序があります。すなわち

  1. お金を貯める・稼ぐ(貯蓄)
  2. 出ていくお金を減らす・守る(節約)
  3. 余ったお金を運用し増やす(投資)

になります。

投資はこの三番目にあたり、前項である1及び2の貯蓄・節約ができていないと投資に回せる資金が捻出できずうまくいきません。

1の貯蓄などは、まっさきに本業の収入を上げることなどが思い浮かびますが、会社務めだと簡単に給料があがることはありません。

自分に投資をし、スキルを上げて転職という手もありますが、ここではもっと簡単な方法を提示します。

広告

収入があったら一部を強制隔離する

それは得た収入の一定額を強制的に貯金に回すことです

人間は感情が弱い生き物なので、お金が目の前にあるとその全てを使ってしまう習性があります。

そのため、年収が高いのにすべて使ってしまうため万年資産がなく貧乏な人はその辺にゴロゴロしています。

それを防ぐためには、給料を得たらその瞬間に一定額を強制的に隔離することをおすすめします。

そうすることによって、欲望に勝てず全て目の前のお金を使ってしまったとしても、あなたの資産は一定額は必ずたまるようになります。

強制的に一定額を隔離するのは、できれば自動でそのまま積立投資に回せるようなシステムを作るとよいでしょう。

なぜなら、やはり人間の感情が邪魔をするからです。感情というものは厄介で、一定額を回すと決めたのに、その月のその時の気分で最初に決めたルールを簡単に破ります。

自動で投資に回されるのであれば、その心配もありません。

ネット証券会社であれば銀行口座と提携することで可能ですので、給料日に設定しておくことをお勧めします。

広告

節約は固定費を見直す

2の節約に関しては、固定費を見直すことをおすすめします。

つまり、毎月固定で支払っている費用のことです。

家賃・通信費・車の維持費・光熱費・税金・年金・月額制サービス・保険・ローン返済など

固定費は毎月かならず出ていくお金ではありますが、ここを削ることができれば毎月使える額が増えるということになります。

そしてその増えた額を投資に回せばよいのです。

スマホはキャリアを使う意味はありませんので格安SIMなどに変えればそれだけで月5000円近い節約になります。

保険も不要なオプションが契約時についていることが殆どです。そもそも契約自体が不要なことも少なくありません。

自動車も都内であれば必要でないことがほとんどです。

月額制サービスも使っていないサービスは解約していきましょう。

このように、固定費は定期的に見直していかないと、いつのまにか家計を圧迫する存在になっています。

また、固定費の削減というのはこちらで特に意識してやることがないので、人間の大敵である感情も邪魔をしてきません。

そして月5000円固定費が削減できたとすると、それは年間で62000円の効果になります。

年間62000円の利益を得るためには、120万以上の資金を年間5%の利率で運用に回さなければいけません。

年間5%というのは全世界株式に投資をしたときの平均リターン以上の利益に匹敵します。

つまり、月5000円節約するだけで、100万以上を投資に回す投資家に匹敵する運用をしているのと同じなのです。

広告

そして浮かせたお金を投資に回す

以上の二点で浮かせたお金を投資に回しましょう。

そうすることによって、あなたは少しずつ投資の世界に足を踏み入れることになります。

最初は少額かもしれませんが、積もり積もっていけばその額は莫大な額へと変わります。

アインシュタインが「複利は人類史上最大の発明」と称したように、この世界では早く始め、そしてそれを継続することこそが最重要項目なのです。

大敵である感情という存在に邪魔されないようにうまく節約し、そして貯蓄することこそが投資資金増やし、ひいては最終的な大金持ちになる原資になるのです。

 

ふるさと納税は最強の節税です。節税はここから始めましょう。

ふるさと納税4年連続認知度一位、利用意向一位の「さとふる」
さとふる

貯蓄・節約・保険
広告
NellPointをフォローする
広告
ネルの寝て待つ投資日和
タイトルとURLをコピーしました