広告

ネオモバイル証券は端株取引が優秀。少額から毎月配当金がもらえるポートフォリオが組めます

投資

ネオモバイル証券(通称:ネオモバ)のご紹介です。

  • 初めて個別株取引をやってみたい。
  • 資金は少ないけど毎月配当金をもらいたい。

そんな方にネオモバはオススメのサービスになっていますね。

ネオモバイル証券は、証券会社には珍しく月額費が200円(税別)かかります。

しかし、そのうち200円分は投資に流用可能なポイントとして還元されるため、実質負担は消費税のみとなります。

ネオモバイル証券には大手証券会社にはない以下の強みがあり、手持ち資金が少ない人にもやさしいサービスとなっています。

SBIネオモバイル証券 口座開設

広告
広告

端株取引が可能、かつ月50万までは手数料無料

ネオモバ最大の特徴は、端株取引が非常に低コストで実現可能なことです。

株式というのは、通常100株単位、のような単元株と言われる単位の数字でしか買うことができません。

100株単位の株だと、表示されている金額の100倍を支払わないと買うことができないわけですね。

1株2000円の株式であれば、最低購入価格は20万円となってしまいます。

ただでさえ価格変動リスクが大きい個別株で、1銘柄の買い付けに数十万かかってしまうのは初心者に向いているとはとてもいえません。

しかし、ネオモバであれば1株単位での取引が可能なので、1株2000円の株なら2000円で買うことができます。

これなら個別株であっても、様々な銘柄を買うことで分散効果も期待できますね。

広告

端株でも配当金は1株から支払われる

単元に満たない株式であっても、きちんと1株から配当金は支払われます。

投資の最大効率を追求した場合、配当は内部で再投資された方が良いわけですが、配当を実際に自分の口座に「受け取る」ことで、自分の投資が成果となって還元されている実感を得ることができます。

その実感がひいては安心感に繋がり、長期投資の土台ともなりますので、配当金をもらえることを投資の目的にする投資家も多いです。

通常の単元株取引の場合ですと、毎月配当金を受け取れる状態を作り出すためには、数十万する株式を複数組み合わせなければ作ることができません。

しかし、ネオモバの端株投資を活用すれば、例えば偶数月分配と奇数月分配のREITを1株ずつ買うだけで、毎月配当金という名の不労所得を得ることができます。

J REITの指数は現状だいたい2000円前後で推移していますので、4000円で今後一生毎月不労所得が生み出される状態を作れてしまうのです。

もちろん積み増していくことも可能ですので、毎月4000円を出資して積み立てることにより、貰える配当金の額もそれに応じて増えていくことになります。

自分の出資が、毎月もらえる不労所得の額として反映されるわけです。

しかも手持ち資金が少額からでも始められるわけですから、少額から投資を始めてみようとする人や、不労所得に興味がある人にとってはネオモバはぴったりなサービスといえるでしょう。

毎月の自動積立を行う設定も可能ですので、毎月もらえる投資に流用可能なポイントを使い忘れることもありません。

基本的にスマホで完結しているのも便利ですし、さらにIPO株なども1株から抽選できるなど、ユニークで今後も注目できる証券会社だと思います。

↓ネオモバのサイトはこちら

SBIネオモバイル証券 口座開設

ネット証券の開設なら、以下の証券会社がおすすめです

ネット証券口座開設数・顧客満足数一位のSBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

投資
広告
NellPointをフォローする
広告
ネルの寝て待つ投資日和
タイトルとURLをコピーしました