広告

DMM証券の米国株取引手数料無料は罠です。騙されてはいけません。

金融ニュース

DMM証券が2019年12/9日約定分から米国株取引手数料の完全無料化を発表していました。

SBIや楽天といった大手ネット証券会社も、最低手数料は無料ですが、約定代金の0.45%は手数料がかかっています。

DMMはこの約定代金の手数料も無料化することで、米国株取引にかかる手数料を完全無料化したと発表しているわけですね。

しかし結論から申し上げますと情弱を狙い撃ちにした罠です。騙されないようにしてください。

広告
広告

取引が無料になったとしてもDMMは円ドル転換の手数料が高い

まず、米国株を取引するためには日本円をドルに転換する必要があります。

日本円そのままでは米国株を買うことはできないからです。

そして、そのドルに両替するときに発生する手数料が証券会社の得る利益の一つになっています。

このコストは証券会社によって違いますが、SBIや楽天は1ドルあたり0.25円と明言されています。

一方DMM証券はこの手数料を公表していません。

この時点で証券会社として落第なのですが、TELなどによって調べてくれた方によると、片道1円かかるようです。

この時点で大手ネット証券の四倍の手数料がかかっています。

取引にかかる手数料を無料にしたといっておきながら、取引するために必須なドル転をするときにボッタクリのような手数料を取るビジネスを展開しているわけですね。

この為替手数料のことを何も記載していない辺り顧客のことをバカにしている証券会社であることは間違いありません。

しかし最大の問題はここではありません。

広告

米国株売却時や配当金支払時に強制で円貨決済される

DMM証券の最大の酷いと思われるポイントはここです。

通常大手ネット証券では、保有している米国株を売却したり、配当金が支払われたときはドルで支払いが行われます。

そして、そのドルを円に戻すかどうかは顧客が任意に決めることができます。当たり前ですよね。

ドルから円に戻すと上述した手数料がかかりますし、米国株に再投資するならばドルのまま持っていた方が都合がいいからです。

しかしDMM証券はこれらの売却や配当金支払が行われた場合、強制的にドルを円に変換し、それを顧客サービスと言い張っています。

これは、米国株に引き続き再投資しようと思っている人に無意味な為替手数料を支払わせ、それを顧客にとって良いことであるのような言い方をしているわけです。

しかもその手数料は大手ネット証券の四倍とボッタクリのレートになっています。

明らかにこの隠しコストでDMMは顧客を騙すような方法儲けるつもりであることが見え見えであり、そこに顧客の利益を考えているとはとても思えません。

この会社がやっていることはバカを騙して利益を吸い上げる対面式の従来の証券会社と何も変わらない会社なのです。

顧客に不必要な取引(両替)を強制させてコストを吸い上げるのは到底許されるものではありません。

このような顧客をバカにするようなサービスを平然とローンチさせてしまう証券会社は当然顧客に対する誠実さにかけていますので、口座は作らないのが正解でしょう。

タイトルとURLをコピーしました