広告

投資初心者ほど騙される。お金のプロこそ信用してはいけません。

投資

資産運用の初心者が、いざ投資をスタートしてみようという気持ちになったとき、最初に考えることは一体なんだと思いますか?

どんな人も必ず一度は通る道として、そこに初心者をカモにしようとする罠が仕掛けられています。

その罠とは「お金のプロに資産運用の相談をする」ことです。

注意してください。彼らは多くの場合、あなたの味方にはなってくれません。

広告
広告

お金のプロとは

ここでいうお金のプロとは、金融商品を主に取り扱う会社に所属する人間のことを指します。

・証券マン
・銀行員
・保険販売員
・不動産業者
などが対象に当たります。

なぜ相談してはいけないのか?

彼らはサラリーマンです。

サラリーマンであるということは、会社の売り上げを立てなければいけません。

会社の売り上げを立てるとは、金融商品を販売する会社が儲かるような商品を売らなくてはいけません。

会社が確実に儲かる商品というのは、顧客のリターンが確実に減るためよくない商品です。

そんなところに、投資について何も知らない初心者である貴方がやってきたらどうなるでしょうか?

間違いなくカモにされるでしょう。

広告

キーワードは「手数料」

彼らは初心者を食い物にするため、様々な商品を紹介してきます。

・外貨預金
・外貨建て保険
・FX
・テーマ型投信
・ターゲットイヤー型投信
・毎月分配型投信
・ファンドラップ
・貯蓄型保険
・マンション管理
こういった商品群ですね。
これらはハッキリ言ってどれも一切買う価値のない商品なのですが、そういった商品に共通する項目として「手数料」が高いということが挙げられます。
「お金のプロ」たちはリスクを一切負いません。
リスクを負うのは顧客であり「手数料」と称して確実な利益を得る。これが彼らの目的です。
目の前の「お金のプロ」は本気であなたの利益を考えているわけではありません。
いかに顧客を上手く騙して手数料を貪るかだけを考えているのです。
広告

自分で必ず調べるクセをつけましょう。

資産運用の初心者は本当に「お金のプロ」たちにカモにされやすい存在です。

それを防ぐには、「なぜこの人はこの商品をオススメしたんだろう」と考えるクセをつけることが大切です。

相談した人と、オススメされた商品に利害関係があるならば(その会社が販売している商品など)、残念ながらその人はあなたのことを真に思って提案してはいないでしょう。

なぜならば、もっと手数料が安く良い商品が市場にあるからです。

仮に家族や友人のオススメしている商品だからといっても、商品との間に利害関係があるのであればそれは真に良い商品ではありません。

政府が資産運用を後押ししていることもあって、日本人の投資人口は今後ますます増えることが予想されます。

あなたや、あなたに身の回りの人がそのときに、このような悪質な「お金のプロ」の罠にかからないよう、注意してくださいね。

ネット証券の開設なら、以下の証券会社がおすすめです

ネット証券口座開設数・顧客満足数一位のSBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

投資
広告
NellPointをフォローする
広告
ネルの寝て待つ投資日和
タイトルとURLをコピーしました