広告

楽天カードと楽天証券の組み合わせでクレジットカード投資ができ、しかもポイントが溜まる

投資

大手ネット証券の楽天証券では、楽天カードで月5万を上限としてインデックスファンドなどの投資信託をクレジットカード払いできます。

しかも、その支払った金額の全額に通常のポイントが還元されるのですから驚きです。

これは使わない手はありません。

広告
広告

還元率は通常通りの1%

還元率はクレジットカード標準の1%です。そして楽天ポイントで配布されます。

月5万上限なので、毎月MAXで500ポイント貰えることになります。

たったの500ポイントと思うかもしれませんが、そうではありません。

買った瞬間に1%のリターンが確定するということ

最も安定して平均リターンを挙げていると思われる米国株であったとしても、年間平均リターンは7%弱となっています。

インデックスファンドはじわじわと自分の資産を底上げしてくれますが、爆発的なリターンがあるわけではありません。

投資の世界では適切な投資先を選んでいた場合、それ以上のリターンを1%上昇させるというのは並大抵のことではできません。

それを確実に1%底上げしてくれるのです。

広告

楽天ポイントは投資に使える

しかも楽天ポイントは使い勝手が非常に良いポイントです。

まずそのポイントを使ってさらに投資が可能です。

100ポイントあれば可能で、100ポイント以上の場合は1ポイントで使用ポイントを刻めるのでよくあるポイントの使い残しとかもありません。

向上した1%のリターン(このリターンには税金がかかっていない!)が即座に再投資に回されているわけです。

これは50000円インデックスファンドを買ったら50500円分買い付けて運用していたのと同じであり、その差は複利によって年々と広がります。

買い付け手数料を取るような証券会社も多い中、無料どころか逆にポイント還元してくれるというのはとてもありがたいですね。

広告

そもそも楽天カードの普段使いが良いのでお勧め

楽天カードは年会費や維持費も無料ですし、VISAやMasterといった国際ブランドも問題なく使えます。

またカードの管理画面も非常にレイアウトが見やすく整えられており、直感的に操作ができるのも嬉しいポイントです。

セキュリティも不正利用を24h監視しており、万が一のときも全額保証されております。

さらに入会時にポイントがもらえたり、毎月キャンペーンを行っており、カード利用するだけでポイントが還元されたりと、1%以上の実質還元率を誇っています。

正直クレジットカードがステータスなどとのたまって年間数万円の会費を払っているワケのわからない方々よりも、よっぽど楽天カードを利用している人の方が金融リテラシーが高いと言えるでしょう。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました