広告

儲かる話には裏がある?世界分散投資には裏はない

投資

儲かる話は自分だけでやればいい。他の人に公然と話しているのは裏があり、騙そうとしているという論調の人がいます。

いわゆる、「うまい話には裏がある」というヤツですが、その理論が正しいのは、あなたにその話を持ち掛けることで情報提供者に個人的なメリットがある場合、そしてその個人だけで完結している儲け話の場合です。

たとえば銀行や証券会社の店頭で勧められる投資話や、保険会社による貯蓄型保険などがまさにそれで、あれは彼らの会社の商品を売ることで彼らが直接的に「手数料」という形で利益を貪っています。

そういった商品は総じてろくなものが存在しません。

彼らは手数料さえ取れれば顧客がどうなってもよいので、まともな商品よりも手数料を取れる商品を勧めてきます。

また特定の個人内だけで完結するような、いわゆる「じゃあお前がやればいいじゃん」系の話の儲け話をわざわざ持ちかけてくる場合も、何らかの詐欺的行為がその裏にあると思って間違いないでしょう。

広告
広告

詐欺や手数料ビジネスと世界分散投資は違う

しかしそういった「裏がある」話と、世界分散投資はまったく違います。

低コストで行う世界分散投資は世界中に投資を行い、世界経済の成長と連動した恩恵をもたらしてくれます。

別に誰かが世界分散投資を始めたからといって、私に手数料が来るわけでも、騙してお金を得ようとしているわけでもありません。

そして、儲かるなら一人でやればいいのでは?という話についても、世界分散投資に関しては投資総額が圧倒的ですので、私やあなたが個人で投資できる金額なんて些末なものであり、結果をどうこう左右できるスケールではありません。

つまり別にあなたが投資をしなくても私は一切困らないわけです。

学校などで金融知識は教えてくれません。

そのため、大人になっても「投資」というものに未知の恐怖を感じてしまい、正しいモノと正しくないモノの見分けがつかなくなってしまうのです。

そして非効率である貯金という手段に走る。

怖いのであれば世界分散投資というワードだけ覚えてもらうでも構いません。

それについてしっかりと理解を深めることによって未知のモノではなくなります。

そのときこそ、正しい投資を行うチャンスであり、正しくない投資と決別する機会でもあるのです。

 

タイトルとURLをコピーしました