広告

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019」ランキング!「分散」「低コスト」「長期的視野」の投信が多数選ばれる

金融ニュース

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019」の結果が出ましたね。

これは投資信託ブログを扱っているブロガーが、最も良いと思った優良投信を投票で決めるイベントで、99%はゴミと言われている投資信託の中から真に優良な商品が選びだされるというわけです。

その栄えあるランキングはこちらです。

  1. eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)/三菱UFJ国際投信
  2. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)/三菱UFJ国際投信
  3. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス/三菱UFJ国際投信
  4. <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド/ニッセイアセットマネジメント
  5. eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)/三菱UFJ国際投信
  6. 楽天・全米株式インデックス・ファンド/楽天投信投資顧問
  7. セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド/セゾン投信
  8. グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)/日興アセットマネジメント
  9. バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)/ザ・バンガード・グループ・インク
  10. SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド/SBIアセットマネジメント
広告
広告

1~3位をeMAXIS Slimシリーズが独占

やはりeMAXIS Slimシリーズが強いです。それだけ優良な投資信託ということですね。

このシリーズは、常に信託報酬を最安値にするというコンセプトのもと生み出された商品であり、今のところ有言実行、信託報酬を下げた商品が現れた場合、引き下げを行いしっかりと対抗しております。

リターンは不確実なものですが、コストは確実に発生します。

投資信託はコストを第一に見るべきであり、その点を各ブロガーに評価されたのだと思います。納得です。

広告

ランクインしている投資信託は、ほぼ全世界か先進国対象のもの

また、高評価を得ている投資信託は、バランス型投信およびバランス型レバレッジ投信を全世界というカテゴリにすると、全世界対象のものが五本、先進国を対象としたものが五本となっています。

さらに株式がメイン対象であり、日本のみや新興国を対象とした投資信託、および債券ファンドなどは一切ランクインしていません。

過去の実績から考えて、長期に渡る投資対象として適切なのが株式というアセットクラスであり、先進国および先進国を大きく含む全世界ということです。

残念ながら日本の国内株式の上昇には実態がなく、新興国は株主保護の法整備がなされていません。

そういった危うさを内包した市場は敬遠され、この結果になったのでしょう。

広告

まとめ:非常に妥当な結果。初心者から上級者にもおすすめ

このランキングは99%ゴミと言われている投資信託を選ぶ際の重要な指標となるでしょう。

ここにランクインしている投資信託を買うだけで長期的な視野で見たときにほぼ確実に資産は増加すると言い切れるラインナップになっております。

これらの投資信託に共通する内容は

「世界分散」「低コスト」「長期的視野」です。

この三つのキーワードを覚えておけば、優良な投資信託が見分けられるようになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました