広告

BTC(ビットコイン)のような仮想通貨に価値がつく三つの理由

マネー論

BTC(ビットコイン)をはじめとする仮想通貨には円やドルといった法定通貨と違い、現物がありません。

仮想通貨は現実の世界での実態がなく、お札や硬貨などの発行がないにも関わらず価値が認められ、市場で価格がつき取引がなされています。

これは一体どうしてなのでしょうか?

それは、純粋に通貨としての機能に優れているからです。

広告
広告

仮想通貨の価値

そもそも現物がある法定通貨も無条件に信用してよいわけではありません。

法定通貨はその通貨を発行している国に対しての信用がある場合のみ成り立ちます。

アメリカの発行しているドル、日本の発行している円などはそれなりの信用があるため使われているのです。

一方、仮想通貨の価値が認められる理由としては通貨として役に立つからです。

データである仮想通貨には紙幣や硬貨のような損傷が起こりません。

また、小さな単位への分割が可能で各国への送金も瞬時に行うことができます。

さらに金のように発行量の上限が定められていることにより、インフレによって価値の目減りに対する耐性が強いことも価値の底上げをしています。

大きく分けてビットコインのような仮想通貨が信用され、価値がつくのには三つの理由があります。

理由その1:国家や銀行の管理下にない

ビットコインのような仮想通貨は国家や銀行の管理下になく、不特定多数の人がブロックチェーン技術に基づく通貨システムに参加しており、管理者というものが存在していません。

管理者が存在しないということは、各国の金融政策によって、突然価値が棄損し、紙切れになるリスクがなく独立した通貨としての価値を保っています。

理由その2:取引の改ざんができないので安全

仮想通貨の取引システムとして採用されているブロックチェーン技術は技術的に改ざん不可能とされています。

ハッキングがどうこうという事件もありましたが、ブロックチェーンの技術が破られたわけではありません。正しく使えば仮想通貨の安全性は非常に強固なものとして担保されています。

この点も、仮想通貨の信用が向上している一因です。

理由その3:通貨発行量上限が決まっている

ビットコインには金のように、市場に出回る仮想通貨の総量が決まっています。

上限が決まっていることで、インフレによる価値の棄損から守られています。

一方法定通貨はインフレで簡単に価値が棄損していきます。

この点は法定通貨にないメリットです。

広告

ビットコインの価値はさらに高まる可能性が高い

これらのメリットがあり、続々と大手企業も仮想通貨に参入してきています。

店舗での支払いもビットコイン支払いが可能になる企業も出始めており、ますます日常で目にする機会が増えると思います。

これらの仮想通貨は多くの人が利用すればするほど通貨としての価値がさらに高まりますので、さらに身近なものになり、より価格は上がっていく可能性は高いでしょう。

 

ポイントサイトも立派な副業です。お小遣い稼ぎにオススメ。

累積会員数400万以上、運営歴10年以上の最も稼げるポイントサイト「モッピー」
モッピー!お金がたまるポイントサイト

マネー論
広告
NellPointをフォローする
広告
ネルの寝て待つ投資日和
タイトルとURLをコピーしました