広告

残念ながらこの世はお金がすべてです。稼げるようになっておいたほうがいいですよ。

投資

この世はお金が全てです。残念ですがそれが真実です。

ですので、我々はできるだけたくさんのお金を手に入れなければなりません。

この世はお金がすべてというのは、世の中のほぼ大半のことはお金で解決できるからです。

逆にお金がないと相当苦労をすることになります。

衣食住に始まり果ては時間すらもお金で買うことができます。

お金があれば働かずにすみ、自分のやりたいことをできます。

広告
広告

国の裕福度でも違いが生まれる

国民が裕福な国と貧しい国でもれっきとした差が生まれます。

裕福な国は犯罪率が低く、貧乏な国ほど犯罪率は高いです。

裕福であると心に余裕が生まれ、他人にも優しくなれます。

しかし貧乏は心を貧しくします。犯罪率も急増します。

日本は今はギリギリ裕福と言える国ですが、これからどんどん衰退していくでしょう。

そうなったとき治安の悪化はもはや避けられない見通しになります。

お金がなくなれば一生働き続ける必要が生まれます。

お金があれば面倒な仕事は他の人にやらせ、自分は大切な時間を神経をすり減らすことなく有効利用することができます。

この世の中を有利に生きたければ、「お金を一番に考えて」行動するべきなのです。

お金があれば美味しい食事や旅行にも好きなだけ行けます。

お金があれば自由な時間を生み出せます。

お金があれば幸せが買えるのです。

この原理がわかったのであれば、今すぐお金もちになれるように努力しましょう。

広告

世の中は二極化している

世の中はお金持ちか貧乏かに二極化しています。

その二者の差は”投資をしているか、していないか”です。

お金持ちはすべからく投資をしています。

投資をしなければお金持ちにはなれません。

自分一人の力で稼げる額などたかがしれています。税金も稼ぐほど重いです。

ハッキリ言って自分の力で稼ぐのは非効率なのです。

投資はお金に働いてもらうので自分の力とは関係ありません。

お金はお金です。持って生まれた能力など関係なしに万人に等しく存在するものがお金です。

お金に働いてもらうということは、その人の持って生まれた能力とは関係なく稼げるチャンスがあるということであり、誰でもお金持ちになれるチャンスがあるということです。

投資はすぐに結果が出るものではありませんが、今始めるか始めないかによって大きく差が生まれることは間違いないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました