広告

レバレッジデイトレード族はここ数日のコロナ暴落で即死!そんな危険を冒すより長期投資が最高です

投資

株式投資とはゆっくりゆっくり、10年単位で企業の成長の恩恵を受けるものであり、短期間で爆益をあげるのには向いていない代物です。

長期投資であればプラスサムゲームで全員が儲かるはずだったのに、デイトレードのような短期投資ではよくてゼロサムゲーム、証券会社に取引ごとに手数料を取られるためマイナスサムゲームまであります。

つまりやればやるほど期待値的には損をしてしまうのです。

うまく回すことができれば倍倍に資産を増やしていけるため、欲に目が眩み明日にでも億万長者になりたいことを夢見る現実が見えていない博打うちはレバレッジをかけたスイングトレードに勤しむわけです。

しかしそんなものはギャンブルであり、コインの表裏をあてるようなものです。

“たまたま”今まではうまくいっていたからいいようなものの、レバレッジを何十倍にもかけて短期トレードを繰り返していた人間はここ数日のコロナ暴落によって軒並み死滅しました。

文字通り死滅です。彼らは今まで積み上げてきた益を全て吹き飛ばすほどの爆損を食らったことでしょう。

そして詰みあがった含み損と手数料、そして無駄に費やした時間と絶望の感情を抱いて投資の世界から退場していくのです。

ハッキリ言って救いようがない人種であり、遅かれ早かれそのような人間は破滅的なギャンブルに身を投じていたでしょう。

投資の極意は長期投資であり、気絶投資法と呼ばれる一度信頼できる銘柄を買ったら後はそれを永久にホールドし続けることです。

何があっても手放してはいけません。配当金と成長の含み益になり成長が約束されています。

短期的に暴落が起きようが無視して構いません。あなたが見ているのは今日明日の結果ではなく10年後の未来です。

今日明日の株価を読むことは不可能です。しかし手数料を安価に抑えることができ無駄な出費を抑えられるのであれば、長期的に成長し続ける株を持つことは非常に合理的で理にかなっています。

本当にお金持ちになりたいのであればデイトレードなんていう投資風ギャンブルよりも長期投資にしっかりと目を向けるべきだ。

タイトルとURLをコピーしました