広告

コストダウンは固定費から。生活の質を落とさずに賢く節約

貯蓄・節約・保険

投資には原資が必要であり、原資の元になるのは貯金です。

そして貯金の基本は節約によるものです。

お金にはうまく循環するサイクルがあり、節約上手は投資も成功する可能性が高いです。

その節約ですが、まず必ず固定費から手を付けましょう。

変動費を節約すると生活の質が劣化し、ストレスが溜まるにもかかわらず思ったより節約できません。

コスパが悪いのです。

固定費はストレスがなく節約効果が絶大なため、コスパがとてもよいです。

広告
広告

通信費

固定費の中で最も多くの割合が占められているのがこの通信費です。

いまだに大手キャリアを使っている人は今すぐに格安SIMに変えましょう。

たったそれだけで月5000円以上の節約になります。

広告

住居費

固定費の中で一番大きな割合を占めているのが住居費です。

築年数によって住居費は大きく抑えることができます。

引っ越しをする際には築年数が新しいものに拘らないことで、毎月の住居費を数万円浮かすことができます。

広告

車関連費

車はいりません。使うときはレンタカーやカーシェアにしましょう。

車はもはや個人で所有するには税金、整備費や駐車代など、余分なコストばかりがかかり金持ちの道楽と化しています。

お金を貯めたいなら買ってはいけません。

広告

保険費用

保険の基本はシンプルに余計な契約をつけないことです。

医療保険や特約でモリモリになっている保険はありませんか?

今すぐに解約しましょう。金の無駄です。その分を貯金に回し、本当に必要なものだけに絞りましょう。

保険の支払いで毎月の家計が苦しいのは本末転倒で呆れてしまいますよ。

広告

定期購入・定期支払しているもの

サービスを見直しましょう。

本当にあなたはそのサービスを使っていますか?

毎日使っているようなものでなければ無駄です。解約しましょう。

ジム費用などが典型的ですが、最初はやる気があるのにいつのまにか使わなくなってしまい、そのまま解約を忘れるパターンが一番最悪です。それがサブスクサービスの狙いなので、完全に放置する前に解約してしまうのが手です。

広告

固定費を見直すことで年収アップより簡単に生活がラクになる

固定費は家計を圧迫します。ここを減らせるだけで、可処分所得が増えます。

自由に使えるお金が増えると心に余裕が生まれ、よいお金の循環が生まれることでしょう。

ふるさと納税は最強の節税です。節税はここから始めましょう。

ふるさと納税4年連続認知度一位、利用意向一位の「さとふる」
さとふる

貯蓄・節約・保険
広告
NellPointをフォローする
広告
ネルの寝て待つ投資日和
タイトルとURLをコピーしました