広告
投資

日本が投資対象として不適格な理由

ハッキリと申し上げますが、日本株は投資対象として相応しくありません。 それはなぜか? 答えは、人口が減少している国家だからです。 人口というのは経済成長において非常に重要なファクターであり、同程度の発展度合いの場合...
金融ニュース

レジ袋有料化でレジ袋の消費が減ることが分かるのに消費税増税で消費が減ることは分からないらしい

レジ袋を有料にしたのは何のためでしょうか? 答えは、レジ袋の消費量を減らすためです。 元はと言えばプラスチックの海洋汚染が問題となっていたことから始まった本取組は、レジ袋の消費が減ることによって、プラスチックの消費量が減...
マネー論

年収500万も1500万も大差なし。本物の金持ちは給料には頼らない

年収なんてものは投資家、つまり本物の金持ちからするとゴミのような差です。 例えば日本で年収1500万というと超エリート、金持ちというイメージが強いです。 しかしAmazonCEOのジェフベゾスの年収と比べると御覧の通りです。 ...
投資

「ボロ株」や「適当なレバレッジ」は金持ちへの道どころか身を亡ぼす。

株で大損する人の特徴として「ボロ株に手を出す」「レバレッジをかける」というのがあります。 ボロ株の特徴として、非常に変動幅が大きいということが挙げられます。 これにレバレッジをかけることによって、うまくいけば大金を稼ぐこ...
投資

不動産投資は罰ゲーム。ビジネスであって投資適格ではない。

投資には様々な資産があり、どの資産がいいか悩んでしまう人も多いと思います。 しかし、「現物不動産」という投資だけは罰ゲームなのでやめたほうがいいでしょう。 一昔前の人は、投資といえば「現物不動産」みたいな風潮がありました...
マネー論

お金が溜まる人、溜まらない人。共通することとは。

世の中にはお金が溜まる人、たまらない人がいます。 前者ならば良いですが、後者であるという人には共通してあることがあります。 それは後者になってしまう人は「収入>支出」の法則をしっかりと守れていないということです。 ...
投資

労働者では絶対に億万長者にはなれない。株主が一番偉いのだ

世界で業績トップをひた走る企業の四天王といえばGAFAMです。 Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoftなど米国発のハイテク企業群と言われ、企業としての業績をグングンと伸ばし続けています。 ...
投資

老後も働き続けることは不可能。労働から解放される方法とは。

医療技術の発達により、人間の寿命が飛躍的に伸び、人生百年時代と囁かれるほどにもなりました。 年金などの諸制度は人間の寿命がもっと短い時代を想定していたものであり、もはや今の時代にそぐわず破綻しているのは明らかです。 政府...
マネー論

アーリーリタイアは夢物語ではない。365回あることを実行すればリタイアできる。

投資の目的としてアーリーリタイアを目標にしている人もいるでしょう。 アーリーリタイアとは労働ではなく不労所得で生計を立てることで、精神を壊してしまう労働からの解放という夢の選択肢として存在しています。 しかし、大多数の一...
投資

資産を築くには複利運用が必須。若者が老人に勝てる唯一の要素。

世間の人の資産額が気になったことはありませんか? 総務省の発表によると、二人以上の働き手がいる世帯で、平均値は1300万だそうです。 しかし平均値というものは一部の大金持ちが値を吊り上げるため、正確な値ではありません。 ...
広告
タイトルとURLをコピーしました