投資哲学

広告
投資

世界の株式は上昇を続ける!「短期的な暴落」に惑わされないで

世界の株式価格は上昇を続け、これを「加熱相場」「上昇トレンド」などといい一時的なものに過ぎないとする見方は多いです。 しかし、資本主義の構造上、株式価格というものは長期的に上昇を続けることが前提となっており、これは何ら不思議な...
金融ニュース

アメリカの大統領選前に買う→買った後に売る

アメリカの大統領選挙というのは一種のボーナスタイムのようなものです。 なぜなら、必ず選挙後は株価が上がるからです。 バイデンが勝とうが、トランプが勝とうがアメリカ株は上がるというわけです。 これはつつがなく無事に選...
投資

1000万の資産を作っておくだけで国民年金レベルの不労所得はつくれる

人生100年時代とは、つまり一生社畜となって働けと言われているのと変わりません。 とはいえ、60を過ぎて働き続けるのはシンドイのは日の目を見ることは明らかだし、体力も記憶力も低下している中で現役世代に混ざるのは現役からしても正...
投資

投資は50代から始めても遅くない。そのカギを握るのは平均寿命

投資は始めるのが早ければ早いほど有利です。 それは時間の力を最大限に活用できるからで、例えば1968年に生まれた人が100万円分その年にアメリカ指数であるSP500を買い、その配当を再投資していたと仮定した場合、現在では1億円...
投資

ギャンブルと投資の違いは「客」になるか「胴元」になるか

日本では株式投資といえば、未だにパチンコや宝くじといったギャンブル、危ないものと混同されることが多いです。 しかし、株式投資は根本的にそれらと全く違う性質を持っています。 ギャンブルは胴元の団体、つまり企業がおり、彼らは...
投資

ハイテク株を買っておけば儲かるザル相場。SP500もNYダウも市場を牽引しているのはハイテク。

新型コロナウイルスによって、IT後進国でもIT活用が半強制的に活性化されました。 これはコロナによる少ない利点といってよく、「新しい生活様式」としてテレワークなど、ITを活用した働き方が本格化しています。 テレワークが本...
マネー論

お金を増やすシンプルな方程式

お金を増やす方法はシンプルな方程式で成り立っています。 それは「消費=収入-貯蓄」ということです。 この方程式を守るだけであなたは資産を増やすことができます。 これはどういうことかというと、毎月消費してよい額は、収...
投資

同じ系列でも本社か下請けかによって大きく利益率が違う。株式を買うときは利益率が良い方を買うべき。

資本主義社会では株主(資本家)が一番偉く、そこから下流に行けば行くほど扱いが悪くなります。 即ち、株主>経営者>管理職>平社員という構図が出来上がっているわけです。 これは会社間のパワーバランスにも言え、最も偉いのが親会...
投資

投資でワンルームマンションはほぼ失敗する。業者に騙されているといってもいい。

アイドルの指原莉乃さんが「資産運用をしてみたい」として都内ワンルームマンションを2部屋6000万ほどで購入したそうです。 家賃収入を継続的に得ることが目的とのことで、彼女は前々から資産運用に興味を持っていたものの、中々機会が得...
マネー論

お金は汚いものと答えてしまう日本の金融教育の遅れ。しかしこれはチャンスでもある。

日本は金融教育が先進国の中で非常に遅れていると言われます。 中高生に「お金は綺麗なものか、汚いものか」という質問を投げかけると、実に8割もの生徒が「汚いもの」と答えるのだそう。 本来お金はお金であり、綺麗だとか汚いだとか...
広告
タイトルとURLをコピーしました