暴落

広告
投資

コロナによる投信暴落で債券混ぜファンドはどうだったのか

コロナ暴落により無敵の米国株も大打撃を受けています。 リーマン以来の下落幅を記録しており、一部ではリセッション入りだとか景気後退だとか騒がれています。 実際リセッションだろうが景気後退だろうが関係ないので別にいいのです。 ...
金融ニュース

コロナウイルスで全主要銘柄が下落。特効薬開発と同時に上昇に転じるか。

2月の終わりはあらゆる主要銘柄が下落を重ねた週でした。 米国や欧州で感染者数の増加が止まらず、欧州各国で不安が急増したことからこのような事態になっていると考えられます。 SARSの事例や過去の感染症の事例を顧みると、この...
金融ニュース

ダウ平均大暴落!リーマンショック以上の下げに個人投資家はどう動けばいいのかの答え

コロナウイルスの影響で全世界的な株の暴落が止まりません。 リーマンショック以上の下げ幅をダウ平均は記録し、世界中が阿鼻叫喚の様相を呈しています。 ニュースは一面に悲観的な見通しを示し、資本主義の終わりだとはやし立てていま...
労働・転職

投資家のリスク許容度は思ったより高くない。暴落の真の恐怖を知っておこう

投資家には皆、リスク許容度というものがあります。 そして、リスク許容度とは以下によって変動します。 自分のリスク資産の総額 自分の総資産に対してのリスク資産の割合 年齢 これらを正しく知ることによっ...
投資

株式市場の暴落が起きたときにするべきことと、絶対にしてはいけないこと1つ

投資の世界では大小さまざまな暴落があります。 10年前のリーマンショック級の暴落はそう連続して起こるものではありませんが、2018年の年末にかけての暴落はリーマンショックに次ぐ下落幅の暴落でした。 小幅な暴落というのは、...
投資

暴落は天災のようなもの。突然やってくるため、万全に備えるべし

株式市場の大暴落というのは、数十年に一度程度の頻度で過去やってきています。 小さい暴落であれば数年に一度はやってきていますね。 世界最強の指数の一つであるS&P500指数も例外ではありません。 1987年のブラック...
投資

暴落は最大の買い場だがほとんどの個人投資家は買うことができない

アメリカのS&P500指数は力強く上昇を続け、連日過去最高値を更新しています。 これは世界の経済がアメリカを中心に回っていることを意味し、アメリカ企業が日々の生活にとても密接にかかわっているということでもあります。 日本...
広告
タイトルとURLをコピーしました