資本主義

広告
マネー論

お金は汚いものと答えてしまう日本の金融教育の遅れ。しかしこれはチャンスでもある。

日本は金融教育が先進国の中で非常に遅れていると言われます。 中高生に「お金は綺麗なものか、汚いものか」という質問を投げかけると、実に8割もの生徒が「汚いもの」と答えるのだそう。 本来お金はお金であり、綺麗だとか汚いだとか...
金融ニュース

家庭科の授業で2022年から「資産形成」教育がスタートに。学校教育=資本主義経済の奴隷育成 との悪評払拭なるか。

日本の教育方針に見直しが入り、高校の家庭科の授業で「資産形成」の項目が増えるそうです。 2022年度から開始され、主に投資信託を中心としたお金の運用の仕方を学んでいくとのこと。 30年始めるのが遅かったですが、これは朗報...
投資

お金至上主義の世界で、簡単にお金を稼ぐ方法とは

資本主義経済とは言い換えれば「お金至上主義」ということです。 お金を持っているヤツが強い、お金を持っているヤツが偉いという世界です。 しかしそれではお金を持っていない人に不満が溜まるので、ある程度お気持ち程度の施しがお金...
投資

短期投資で勝つのはプロサッカー選手に小学生が挑むようなもの。素人が勝つには長期投資しかない

個人投資家が確実に投資で儲けを出すには長期投資しかありません。 それはなぜか? デイトレードやスイングトレードといった短期投資は、「短期で結果を求めなければならない層」が参戦しています。 これはつまりプロのトレーダ...
マネー論

年収500万も1500万も大差なし。本物の金持ちは給料には頼らない

年収なんてものは投資家、つまり本物の金持ちからするとゴミのような差です。 例えば日本で年収1500万というと超エリート、金持ちというイメージが強いです。 しかしAmazonCEOのジェフベゾスの年収と比べると御覧の通りです。 ...
金融ニュース

落ち目の大戸屋、筆頭株主のコロワイドから業務改善提案を受けるも拒否してしまう暴挙

大戸屋といえば昔は学生向けの定食屋として人気を博していましたが、今では迷走に迷走を重ね「高い、遅い、味は普通」の残念定食屋になってしまいました。 直近の業績も6億4800万の赤字と、他店がコロナ下でもテイクアウトなどの手法を取...
投資

「ニューノーマル」の世界が始まり、儲かる業界は激変する。しかし堅実な投資家には影響はない

世界ではコロナ終息を待たずに「ニューノーマル」という考え方の元、経済活動を再開する動きが広がっています。 ソーシャルディスタンスの徹底、マスク着用の義務化、人数制限、消毒の義務化など、社会が変革しているといっていいでしょう。 ...
投資

投資の神と呼ばれた人たちですら間違いをする。素人は指数投資が正義

コロナショックによって、投資界の伝説たちの対応も変わってきています。 バフェットは手持ちの航空株を全売却し、JPモルガンなどの銀行株の売却を進めるなどいつになく弱気が目立ちます。 一方、ジムロジャースはコロナショックこそ...
投資

誰でもお金持ちになれる方法は存在している。株式投資で損をする方が難しいのに多くの個人投資家は勝手に自滅する

新型コロナウイルスによって各国の経済はマヒし、一時的に全世界的に株安暴落の嵐が巻き起こりました。 今年から投資を始めた人にとってはまさに衝撃的な話で、ほれみろ株はギャンブル!と悪態をついて投資の世界から退場していった個人投資家...
投資

中国が世界トップ企業上位を独占するも、パブリックエネミーと化しかつての日本と同じ道をたどる

コロナウイルスの最中でありながら、米中対立の表面化が止まりません。 しかし、世界の共通認識として、コロナウイルスを広めたのは中国という見方が広がっており、中国の息がかかったWHOや中国自身がいくら吠えたところで世界からの目は冷...
広告
タイトルとURLをコピーしました